FX(外為証拠金取引のことですね)は勝率よりも損益率が重要だと言われていますが、本当のことなのでしょうか?

結論からいうと、本当です。

勝率にこだわるよりも、損益率に拘った方がいいと思ってください。

勝率は悪くないのに、利益が出ない人はたくさんいます。

例えば、10回取引をして、7回成功してもマイナスになることもあるのです。

むしろ10回取引をして、5回の成功でプラスになる場合もあるかもしれません。

どちらを目指せば良いのかといいますと、当然、後者です。

勝率が良くても1回の取引で大きな損失をだしてしまって、それを取り戻せないケースもあるのです。

極端な話、10回取引をして、9回で1万円ずつ勝っていても、10回目で11万円の利益が出ないとマイナスなんです?

如何に勝率が高くても、トータルで見てマイナスなら意味がないのです。

損益率は勝ちトレードの平均利益÷負けトレードの平均損失で計算することができ、数値が1でプラスマイナスゼロ、数値が大きくなるほど利益が出ていると言う事ですね。

この損益率を計算しながらFX(Foreign eXchangeの略称で、日本語では外国為替証拠金取引と訳されています)投資をすると、あなたの現状が理解できますね・フレッシュフルーツ青汁の口コミと効果