FX(売買の際の差益だけでなく)初心者の場合、マージンコールの対処方法がわからないという人も多いことでしょう。

FX(外為証拠金取引のことですね)で負けないためにも、このときの対処方法をちゃんと知っておいてくださいね。

まず、マージンコールとは、大きな損失になる場合にFX(1998年の外国為替及び外国貿易法の改正などがきっかけでブームとなりました)業者が注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)を促して、証拠金(委託証拠金と取引証拠金に分けることができるでしょう)の追加入金を求める警告の事をいいます。

FX(売買の際の差益だけでなく、スワップポイントで利益を得られる可能性もあるでしょう)業者が大損をしないために、マージンコールが存在するんです。

基本的に、マージンコールは証拠金(いざという時の担保ですが、損失が出た場合にはここから引かれてしまいます)維持率が50%を下回った時に警告されると思ってください。

ただし、FX(Foreign eXchangeの略称で、日本語では外国為替証拠金取引と訳されています)業者により、マージンコールのラインは多少前後すると思った方がいいでしょう。

そして、マージンコールの対処方法は以下の通りでしょう。

・証拠金(投資の際は、証拠金維持率にも注意した方がいいですね)の追加入金
・損切り(これが上手にできないと、資産を全て失う危険性が高くなります)をする

この2つから選ぶことになりますね。

証拠金(証拠金維持率が50%を切ってしまうと、マージンコールがかかってしまいます)を追加で入金する事によって、証拠金(いざという時の担保ですが、損失が出た場合にはここから引かれてしまいます)維持率が高まるので、これまでと同様でFX投資(外国為替保証金取引による投資です。規制緩和によって誕生し、一大ブームを巻き起こしました)を継続する事が出来ます。

また、損切り(ロスカットともいいます。株式、FX、不動産などの投資を行う際の相場用語です)で証拠金(委託証拠金と取引証拠金に分けることができるでしょう)維持率50パーセントを超えるように決済する方法もあるはずです。

どちらを選択するようにするにしても、速やかに対処してくださいね・すっきりフルーツ青汁の口コミは本当に効果

FX(外為証拠金取引のことですね)は勝率よりも損益率が重要だと言われていますが、本当のことなのでしょうか?

結論からいうと、本当です。

勝率にこだわるよりも、損益率に拘った方がいいと思ってください。

勝率は悪くないのに、利益が出ない人はたくさんいます。

例えば、10回取引をして、7回成功してもマイナスになることもあるのです。

むしろ10回取引をして、5回の成功でプラスになる場合もあるかもしれません。

どちらを目指せば良いのかといいますと、当然、後者です。

勝率が良くても1回の取引で大きな損失をだしてしまって、それを取り戻せないケースもあるのです。

極端な話、10回取引をして、9回で1万円ずつ勝っていても、10回目で11万円の利益が出ないとマイナスなんです?

如何に勝率が高くても、トータルで見てマイナスなら意味がないのです。

損益率は勝ちトレードの平均利益÷負けトレードの平均損失で計算することができ、数値が1でプラスマイナスゼロ、数値が大きくなるほど利益が出ていると言う事ですね。

この損益率を計算しながらFX(Foreign eXchangeの略称で、日本語では外国為替証拠金取引と訳されています)投資をすると、あなたの現状が理解できますね・フレッシュフルーツ青汁の口コミと効果